高額な保険のリスク

保険について考える際、その出費が将来的にどのくらいのものになるか、という点を考えることができます。例えばとても保障が充実した保険に入ったとして、それによって様々な病気へ対応できるという安心感はあるかもしれませんが、それによって家計が圧迫されていることに気づきます。月額だけで見れば、支払えないことはありません。

しかし一年間で考えると、その出費は膨大なものとなります。もし家族がいて、全員が同じ保険に加入しているなら、さらに出費は大きくなります。生命保険は、あくまで『安心感』を得るためのものです。万が一の事態にも、お金の心配をしなくて済む、そのために保険に加入します。もちろん、その際に保険が下りるということを大前提にしています。ただし、もしそれらの保険が「必要なかったら」、どうでしょうか。本来は将来の為に備えているはずなのに、金銭的に、『健康でいつづけること』に、リスクが発生してしまいます。

本来は、病気も怪我もなく過ごす、ということが第一だからです。もし目的と手段が逆転してしまうなら、生命保険の加入に関して、もう一度考え直した方が良いかもしれません。加入後の見直しも含め、様々な可能性を考えてみましょう。

保険と資産形成

ただし、多くの人が加入に関して勘違いしてしまっている点があります。それが、『必ずしも保険に加入しなければならない』という点や、『加入することが一般的である』という点です。先ほども考えましたが、保険の加入には強制力がありません。ただ、いくらかの制限を受けることがある、ということだけです。例えば、生命保険に加入するよりも、家族の為に貯蓄を行っておいた方が良い、と考える方もいますし、それらの保険料に充てる分を、今現在の生活に充当させる方が合理的である、と考える方もいます。

ここで同時に考えられるのが、『資産形成』のことです。私達には将来の生活を考える権利がありますが、将来どのくらいの出費があるのか、そのためにどのくらいの資産が必要になるのか、という点を考えるとき、より資産を効率よく形成するために、他の方法を用いるということがあります。貯蓄型の生命保険を選ぶ、という方法もありますが、その時は「元本割れ」等のリスクも考慮する必要があります。元本割れとは、本来支払っていて、その分が返ってくるはずなのに保険金として受け取れない分の差額です。それは最終的に損をしていることになりますから、その点には注意が必要です

誰かに選んでもらうもの?

生命保険は、入らなければならないものではありませんし、それを誰かに強制されることもありません。ただし、就職した会社のあっせんによって、半強制的に加入しなければならないことはあります。どちらにしても、通常は生命保険の種類を、私達自身が選ぶことができます。といっても、生命保険の種類は非常に多くあります。それらを提供している生命保険会社一社における、生命保険の種類も多いため、一体どれを選べば良いか、分からなくなります。

そういった悩める方々のために、存在しているのが「ファイナンシャルプランナー」です。ファイナンシャルプランナーは保険のプロですので、自分の求めている保障にあった最適な保険商品を紹介してくれます。以前ですと、保険の販売員は自社の保険商品しか取扱っておらず他社との比較ができない印象がありましたが、最近では複数の保険会社の中から自分に合った保険プランを探してもらえる保険の見直しサービスがあります。そういった保険の見直しサービスでは中立的な立場からアドバイスをもらえるため、より自分に合った生命保険が見つかることでしょう。ファイナンシャルプランナーに生命保険の相談が出来る保険見直しサービスを利用するとより安心して任せることができます。

また、結婚や出産、住宅購入などライフスタイルの変化に合わせて相談することで、そのつど保険料や保障内容について見直してもらうことも可能です。相談方法は、窓口があるところもありますし、自宅や好きな場所へ訪問してもらえるサービスもあるため、まずは無料相談などから試してみるといいでしょう。

健康のための、生命保険?

健康は何よりも大事です!こう言い切る人は少なくないでしょう。確かに、お金がどれだけあっても、良い教育を受けていても、もしその人の体が健康でなければ、本来資本となるはずの体が良い状態にありませんので、いつかどこかで、その分が跳ね返ってきてしまう、ということがあるかもしれません。ですから、非常に健康というものは、大事です。しかし、誰もがそう思っている反面、今たとえ何一つ病気の無い健康体であったとしても、将来までそれが全く滞りなく続く、と言い切れる人は誰もいません。誰もが病気に掛かる可能性がありますし、誰もが何らかの事故で大けがを負う可能性もあります。自分はいつまでも健康体である、と言い切ることは、よほどのことが無い限り、言えないのです。では、そう考えると今からどのような準備ができるでしょうか。

その準備の方法の一つが、『保険に加入する』ことです。なぜ保険に加入するのでしょうか。もし予期できない病気や怪我を経験した場合、たいていはそれらの治療の為に、多くのお金が必要になります。一日入院するだけでも、かなりの金額となります。それが長期間続けば、もしかすると家計を圧迫するどころでは済まないかもしれません。しかし、もし入院保障や手術保障などが付与された保険に加入しておくなら、そういった予期できない病気や怪我をしても、お金の心配をすることが少なくなります。では、どのように生命保険を、選ぶことができるのでしょうか。