高額な保険のリスク

保険について考える際、その出費が将来的にどのくらいのものになるか、という点を考えることができます。例えばとても保障が充実した保険に入ったとして、それによって様々な病気へ対応できるという安心感はあるかもしれませんが、それによって家計が圧迫されていることに気づきます。月額だけで見れば、支払えないことはありません。

しかし一年間で考えると、その出費は膨大なものとなります。もし家族がいて、全員が同じ保険に加入しているなら、さらに出費は大きくなります。生命保険は、あくまで『安心感』を得るためのものです。万が一の事態にも、お金の心配をしなくて済む、そのために保険に加入します。もちろん、その際に保険が下りるということを大前提にしています。ただし、もしそれらの保険が「必要なかったら」、どうでしょうか。本来は将来の為に備えているはずなのに、金銭的に、『健康でいつづけること』に、リスクが発生してしまいます。

本来は、病気も怪我もなく過ごす、ということが第一だからです。もし目的と手段が逆転してしまうなら、生命保険の加入に関して、もう一度考え直した方が良いかもしれません。加入後の見直しも含め、様々な可能性を考えてみましょう。