保険と資産形成

ただし、多くの人が加入に関して勘違いしてしまっている点があります。それが、『必ずしも保険に加入しなければならない』という点や、『加入することが一般的である』という点です。先ほども考えましたが、保険の加入には強制力がありません。ただ、いくらかの制限を受けることがある、ということだけです。例えば、生命保険に加入するよりも、家族の為に貯蓄を行っておいた方が良い、と考える方もいますし、それらの保険料に充てる分を、今現在の生活に充当させる方が合理的である、と考える方もいます。

ここで同時に考えられるのが、『資産形成』のことです。私達には将来の生活を考える権利がありますが、将来どのくらいの出費があるのか、そのためにどのくらいの資産が必要になるのか、という点を考えるとき、より資産を効率よく形成するために、他の方法を用いるということがあります。貯蓄型の生命保険を選ぶ、という方法もありますが、その時は「元本割れ」等のリスクも考慮する必要があります。元本割れとは、本来支払っていて、その分が返ってくるはずなのに保険金として受け取れない分の差額です。それは最終的に損をしていることになりますから、その点には注意が必要です